1. TOP
  2. 出版物・研究成果等
  3. 単行本
  4. 経済一般書
  5. 現代金融資本市場の総括的分析

経済一般書

現代金融資本市場の総括的分析

証券経営研究会編
ISBN978-4-89032-059-2
2021年2月発行
A5版 350頁
本体(税別)3,000円 購入

 本書は、リーマン・ショックから10年を経過し平静さを取り戻した市場機能の再評価や、これからの10年を展望することを主な課題として、証券経営研究会の成果をとりまとめたものである。
 第1に、マクロ的な分析アプローチを行い、これからの金融資本市場を論じるにあたり、再度議論の対象となる歴史的観点をまとめているが、新たな市場へのストレスとなったCOVID-19下での評価も加え、大変興味深い分析となっている。
 また、現状の資本(証券)市場と市場参加者の分析をしており、証券業のビジネスモデル、最新の企業統治のあり方、そして米国の証券市場等に係る考察は、我々にとってより多くの示唆を与えてくれるであろう。
 さらには、これからの金融資本市場についての分析を行い、デジタル・トークン等の新しいイノベーションについての報告がされており、これらは近い将来の金融資本市場を考えるうえで基盤となるかもしれない。
 本書が、今後、我が国の市場の発展に適切に対応するための一助となることを心より願っている。

目次