1. TOP
  2. 研究会
  3. テーマ別研究会
  4. テクノロジーと金融革新に関する研究会

テーマ別研究会

テクノロジーと金融革新に関する研究会(座長 藤井眞理子 東京大学名誉教授・日本証券経済研究所エグゼクティブ・アドバイザー)

新たなテクノロジーの進展によってもたらされる金融サービスの革新、特にAIやビックデータの利用拡大は、新しいビジネスや商品、取引の展開を促している。新たな金融サービスの便益を実現し、リスクを理解して対処していくためには、そうした革新的な金融が経済効率や厚生の観点からどのように評価されるべきか、また金融システムの安定やインテグリティの観点からどのような課題をもたらすものであるかなどを的確に理解する必要がある。

本研究会では、テクノロジーがもたらす金融革新における新たな法的課題や経済効率・厚生からの評価、そしてこれまでの金融市場や取引形態との関係で留意すべき点があるのかどうかなどについて研究を進め、テクノロジーと金融革新が金融の新たな発展に資するための条件等について分析を行う。

メンバー

(令和3年4月6日現在)

座 長 藤 井 眞理子 東京大学名誉教授
日本証券経済研究所エグゼクティブ・アドバイザー
委 員 有 吉 尚 哉 西村あさひ法律事務所パートナー弁護士
祝 迫 得 夫 一橋大学経済研究所教授
大 崎 貞 和 野村総合研究所未来創発センターフェロー
大 澤 正 和 三菱UFJ銀行取締役常務執行役員CDTO兼デジタル企画部長
加 藤 貴 仁 東京大学大学院法学政治学研究科教授
佐 藤 祐 己 慶応義塾大学経済学部教授
鈴 木 健 嗣 一橋大学大学院経営管理研究科教授 *
田 中   亘 東京大学社会科学研究所教授
戸 村   肇 早稲田大学政治経済学術院教授
三 井 秀 範 預金保険機構 理事長
村 瀬 智 之 大和証券グループ本社常務執行役(CIO)
オブザーバー 森 本   学 日本証券業協会副会長
研究所 増 井 喜一郎 日本証券経済研究所理事長
髙 木   隆 日本証券経済研究所常務理事
幹 事 頭 士 奈加子 日本証券経済研究所研究員

(注) *印は当研究所の客員研究員を兼務

[敬称略]

最近の活動状況

令和3年度における研究会の開催状況は次のとおりである。

① 「金融商品取引法上の有価証券の類型と規制の適用関係」
② 「テクノロジーの発展と金融規制の将来〜リテール証券取引の分野を中心に〜」(7月28日)

①西村あさひ法律事務所パートナー弁護士  有吉 尚哉氏
②東京大学社会科学研究所教授  田中  亘氏

① 「AIや機械学習が金融取引に与える影響に関する近年の学術研究」
② 「技術革新とBoom & Bust(仮)」(6月10日)

①一橋大学経済研究所教授  祝迫 得夫氏
②慶応義塾大学教授  佐藤 祐己氏

① 「リテール顧客向けのネットサービスについて」
② 「フィンテックの銀行業への影響と金融規制への含意」(4月9日)

①大和証券グループ本社常務執行役(CIO)  村瀬 智之氏
②早稲田大学政治経済学術院教授  戸村  肇氏

令和2年度における研究会の開催状況は次のとおりである。

① 「金融×テクノロジーを活用した働く世代向けの資産運用サービス」
② 「今後の研究会の進め方についての意見交換」(2月12日)

①ウェルスナビ代表取締役CEO  柴山 和久氏

○ 「当社の取り組みとデータの活用に向けて」(2月1日)

マネーフォワード取締役執行役員 マネーフォワードFintech研究所長  瀧  俊雄氏

○ 「デジタルプラットフォームを通じた金融商品取引と投資者保護上の課題」(12月14日)

東京大学大学院特任教授  三井 秀範氏

① 「MUFGのDX戦略」
② 「ICTの革新と証券市場」(11月4日)

①三菱UFJ銀行取締役常務執行役員CDTO兼デジタル企画部長  大澤 正和氏
①三菱UFJ信託銀行経営企画部FinTech推進室調査役  齊藤 達哉氏
②株式会社野村総合研究所未来創発センターフェロー  大崎 貞和氏

○ 「FinTech・DeFiにおける最近の話題と今後の論点」(10月26日)

Japan Digital Design CTO, 内閣官房 政府CIO補佐官  楠  正憲氏

○ 「今後の進め方について意見交換」(10月9日)

東京大学名誉教授・当研究所エグゼクティブ・アドバイザー  藤井眞理子氏