1. TOP
  2. 研究会
  3. 学術研究会
  4. 証券経済研究会(大阪)

学術研究会

証券経済研究会 (大阪研究所)

研究所の客員研究員を中心とした研究会であり、証券市場に関する諸問題の調査・研究を行うことを目的としている。

メンバー

(令和3年7月1日現在)

メンバー 二 上 季代司 日本証券経済研究所主席研究員
伊 豆   久 福岡大学教授 *
志 馬 祥 紀 帝塚山大学経済経営学部教授 *
清 水 葉 子 福井県立大学経済学部教授 *
松 尾 順 介 桃山学院大学経営学部教授
吉 川 真 裕 日本証券経済研究所客員研究員
オブザーバー 入 江 恭 平 中京大学経営学部名誉教授
梅 本 剛 正 甲南大学法科大学院教授
神 野 光指郎 大阪市立大学経営学研究科准教授
斉 藤 美 彦 大阪経済大学経済学部教授 *
中 野 瑞 彦 桃山学院大学経済学部教授
福 本   葵 帝塚山大学法学部教授 *
守 山 昭 男 広島修道大学名誉教授
簗 田   優 日本大学商学部准教授
横 山 史 生 京都産業大学国際関係学部教授 *

(注)*印は当研究所の客員研究員を兼務

[敬称略]

最近の活動状況

令和3年度における研究会の開催状況は次のとおりである。

○ (8月30日)
・ 「ST(セキュリティトークン)等の活用状況と今後の展望」

株式会社BOOSTRY代表取締役社長、CEO  佐々木 俊典氏

・ 「ペイメント・フォー・オーダーフローの再検討」

福井県立大学教授・当研究所客員研究員  清水 葉子氏

○ (8月21日)
・ 「バリューとグロース投資に関する有効性比較および補完可能性分析」

大阪市立大学教授  翟 林瑜氏

・ 「米国オプション取引所の現状と歴史」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  志馬 祥紀氏

○ (7月26日)
・ 「我が国における市場間競争と最良執行の現状—証券市場の国際化、活性化のために—」

チャイエックス・ジャパン株式会社社長  色川  徹氏

・ 「金融分野の顧客情報共有に関する最近の変化」

当研究所主席研究員  二上季代司氏

○ (7月17日)
・ 「メガバンクFG の業容変容と収益低迷のジレンマ」

桃山学院大学教授  中野 瑞彦氏

・ 「ヨーロッパの株式市場〜ESMA統計の批判と反論〜」

当研究所客員研究員  吉川 真裕氏氏

○ (6月28日)
・ 「赤字国債に依存する財政構造の分析—持続可能な社会保障制度がデフレ脱却の道筋—」

甲南大学名誉教授  中島 將隆氏

・ 「コロナ対応策と資金フロー」

福岡大学教授・当研究所客員研究員  伊豆  久氏

○ (5月24日)
・ 「証券史談単行本(2冊目)について—準大手・中堅・中小編—」

当研究所主席研究員  二上季代司氏

・ 「大阪における店頭売買承認銘柄—昭和20〜30年代の非上場株式市場—」

桃山学院大学教授・当研究所客員研究員  松尾 順介氏

○ (4月24日)
・ 「手数料無料のビジネスモデルと注文回送リベートについて」

福井県立大学教授・当研究所客員研究員  清水 葉子氏

○ (4月19日)
・ 「AIとデジタルの時代の法制度」

学習院大学教授  小塚荘一郎氏

・ 「SECによるアルゴリズム取引の認識状況」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  志馬 祥紀氏

令和2年度における研究会の開催状況は次のとおりである。

○ (3月29日)
・ 「現代信用貨幣制度と貨幣的循環—貨幣的循環理論(Monetary Circuit Theory:MCT)を手掛かりに」

広島修道大学名誉教授  守山 昭男氏

・ 「大手証券の経営改革—戦後型証券経営の生成・確立・変容・崩壊—」

当研究所主席研究員  二上季代司氏

○ (3月13日)
・ 「イングランド銀行のバランスシート政策の発見」

大阪経済大学教授・当研究所客員研究員  斉藤 美彦氏

・ 「ヨーロッパの株式市場〜2019年の実態と2021年の変化〜」

当研究所客員研究員  吉川 真裕氏

○ (2月27日)
・ 「ECBのコロナ危機対応策」

久留米大学教授・当研究所客員研究員  伊豆  久氏

・ 「SPAC(special purpose acquisition company,特別買収目的会社)とは何か」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  福本  葵氏

○ (2月13日)
・ 「金商法における「重要な事項」」

甲南大学教授  梅本 剛正氏

・ 「支払いサービスをめぐる競争とJPMorgan Chaseのリテール業務」

大阪市立大学教授  神野光指郎氏

○ (1月25日)
・ 「日本におけるPTSの現状と今後の見通しについて」

当研究所主席研究員  二上季代司氏

・ 「非上場株式市場と取引所第二部創設」

桃山学院大学教授・当研究所客員研究員  松尾 順介氏

○ (1月23日)
・ 「最良執行義務の複雑化について」

福井県立大学准教授・当研究所客員研究員  清水 葉子氏

・ 「SECは市場とアルゴリズム取引をどのように見ているのか」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  志馬 祥紀氏

○ (12月26日)
・ 「公的年金の積立金問題を再考する」

愛知学院大学客員教授・大阪市立大学名誉教授  玉井 金五氏

・ 「米国財務省証券流通市場の新動向 —電子化・高速化と売買高把握制度の変更—」

京都産業大学教授・当研究所客員研究員  横山 史生氏

○ (11月28日)
・ 「会計研究の挑戦 —理論と制度における「知」の融合—」

甲南大学名誉教授  河﨑 照行氏

・ 「日本証券史資料第3巻について」

当研究所主席研究員  二上季代司氏

○ (11月14日)
・ 「中央銀行流動性スワップ網と「ドル不足」の再来—コロナショック下の銀行資金調達市場の危機」

中京大学名誉教授  入江 恭平氏

・ 「経済危機と金融」

桃山学院大学教授  中野 瑞彦氏

○ (10月26日)
・ 「機関投資家ネットワークとコーポレート・ガバナンス(CG)」

当研究所名誉研究員  佐賀 卓雄氏

・ 「2019年店頭デリバティブ取引調査 〜BISの解釈変更〜」

当研究所客員研究員  吉川 真裕氏

○ (10月17日)
・ 「地域銀行から見た地域金融の現状」

西南学院大学教授  西田 顕生氏

・ 「日本銀行のコロナ危機対応策 〜FRBとの比較〜」

久留米大学教授・当研究所客員研究員  伊豆  久氏

○ (9月26日)
・ 「大手投資銀行の金融危機後におけるトレーディング業務」

大阪市立大学教授  神野光指郎氏

・ 「クラウドファンディングの世界的拡大—株式投資型クラウドファンディングを中心に—」

桃山学院大学教授・当研究所客員研究員  松尾 順介氏

○ (9月19日)
・ 「日本における「金融の総合化」」

当研究所主席研究員  二上季代司氏

・ 「COVID−19とEU経済」

九州大学大学院教授・当研究所客員研究員  岩田 健治氏

○ (8月31日)
・ 「手数料無料化の動きとペイメント・フォー・オーダーフロー」

福井県立大学准教授・当研究所客員研究員  清水 葉子氏

・ 「米国の株価変動の抑制規制—サーキット・ブレーカーとLULD」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  志馬 祥紀氏

○ (8月22日)
・ 「市場激変時における新規株式公開市場の価格形成—新型コロナウイルス感染拡大期のケース—」

九州産業大学教授・当研究所客員研究員  船岡 健太氏

○ (7月11日)
・ 「東欧バルト3国のフィンテック・スタートアップ —エコシステムを含む資金調達を中心に—」

和歌山大学准教授  簗田  優氏

・ 「コーポレート・ファイナンスと証券会社—「メインバンクと幹事証券」の瓦解、新たな在り方—」

当研究所主席研究員  二上季代司氏

○ (6月27日)
・ 「リテールリングフェンス銀行の形成と経営」

大阪経済大学教授・当研究所客員研究員  斉藤 美彦氏

・ 「レイテンシー・アービトラージ —LSEの注文データに基づく分析—」

当研究所客員研究員  吉川 真裕氏

○ (6月8日)
・ 「FRBのコロナ危機対応策」

久留米大学教授・当研究所客員研究員  伊豆  久氏

・ 「ダイレクトリスティングによる資金調達を認めるNYSEの規則改正案」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  福本  葵氏

○ (5月25日)
・ 「株式投資型クラウドファンディングの新展開」

桃山学院大学教授・当研究所客員研究員  松尾 順介氏

・ 「リテール・ホールセラーと指値注文の価値」

福井県立大学准教授・当研究所客員研究員  清水 葉子氏

○ (5月11日)
・ 「証券リテール営業の最近の変化—デジタル化、プラットフォーマー化—」

当研究所主席研究員  二上季代司氏

・ 「取引所の価格情報配信に関するSECの指令提案」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  志馬 祥紀氏

平成31年度における研究会の開催状況は次のとおりである。

○ (2月8日)
・ 「「フラッシュ・クラッシュ・トレーダー」への判決と米国の相場操縦規制の動向」

日本証券業協会副会長  森本  学氏

・ 「米国上場企業数の減少に関する考察—東証ワーキング・ぺーパーの分析—」

当研究所客員研究員  吉川 真裕氏

○ (1月25日)
・ 「1980年代における金融革新とドル体制の展開」

大阪市立大学准教授  神野光指郎氏

○ (1月11日)
・ 「投資商品販売勧誘規制の在り方について」

当研究所主席研究員  二上季代司氏

・ 「時価総額の小さな上場地方銀行の現状とバランスシート」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  志馬 祥紀氏

○ (12月21日)
・ 「イングランド銀行における中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」

大阪経済大学教授・当研究所客員研究員  斉藤 美彦氏

・ 「米国財務省証券流通市場の新動向」

京都産業大学教授・当研究所客員研究員  横山 史生氏

○ (12月9日)
・ 「MMTによる「貨幣」について」

広島修道大学名誉教授  守山 昭男氏

・ 「グローバル・バンクの最近の動向について」

桃山学院大学教授  中野 瑞彦氏

○ (11月30日)
・ 「デリバティブ取引の勧誘規制について—総合取引所における不招請勧誘禁止を中心に—」

当研究所主席研究員  二上季代司氏

・ 「株式型クラウドファンディングは中堅・中小企業やベンチャー企業にとってポテンシャルはあるか?」

桃山学院大学教授・当研究所客員研究員  松尾 順介氏

○ (11月16日)
・ 「ペリオディック・オークションに対するESMAの見解ーファイナル・レポートとオピニオンー」

当研究所客員研究員  吉川 真裕氏

○ (10月26日)
・ 「キャッシュレス決済のデファクト・スタンダードに関する考察」

大阪ガスファイナンス社長  福嶋幸太郎氏

・ 「FRBの再緩和策と短期金融調節」

久留米大学教授・当研究所客員研究員  伊豆  久氏

○ (10月19日)
・ 「議決権行使助言会社の規制」

甲南大学教授  梅本 剛正氏

・ 「店頭金利デリバティブ市場の変容—2019年BIS調査—」

当研究所客員研究員  吉川 真裕氏

○ (9月21日)
・ 「中小企業金融と会計の役割」

甲南大学名誉教授  河﨑 照行氏

・ 「IPOをめぐるグローバルな動向—米国・香港市場の状況」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  志馬 祥紀氏

○ (9月9日)
・ 「証券会社の業務特性の変化とその背景—平成30年間—」

当研究所主席研究員  二上季代司氏

・ 「リテールホールセラーについて」

福井県立大学准教授・当研究所客員研究員  清水 葉子氏

○ (8月24日)
・ 「日本の公的年金問題を考える—私の研究史から—」

愛知学院大学教授・大阪市立大学名誉教授  玉井 金五氏

・ 「フランス金融セクターの現状と展望—投資銀行業務の縮小対応はトレンドか?」

青山学院大学教授・当研究所客員研究員  中川 辰洋氏

○ (7月27日)
・ 「証券会社の構造変化とその背景 —平成の30年間—」

当研究所主席研究員  二上季代司氏

・ 「ESG・SDGsとクラウドファンディング —コーポレートガバナンスを中心に—」

桃山学院大学教授・当研究所客員研究員  松尾 順介氏

○ (7月8日)
・ 「レバレッジド・ローン市場の動向」

久留米大学教授・当研究所客員研究員  伊豆  久氏

・ 「ヨーロッパのデリバティブ市場」

当研究所客員研究員  吉川 真裕氏

○ (6月10日)
・ 「「現代信用貨幣制度」と中央銀行」

広島修道大学名誉教授  守山 昭男氏

・ 「地方銀行の収益動向とビジネス・モデルの課題」

桃山学院大学教授  中野 瑞彦氏

○ (5月25日)
・ 「フランスにおける株式上場制度の形成と展開—パリ市場およびリヨン市場を中心に—」

早稲田大学高等研究所講師  石川 真衣氏

・ 「アメリカATS(代替的取引システム)の新しい届出制度について」

福井県立大学准教授・当研究所客員研究員  清水 葉子氏

○ (4月27日)
・ 「地方証券会社の収支状況について」

当研究所主席研究員  二上季代司氏

・ 「米国における取引所情報の配信をめぐる議論」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  志馬 祥紀氏

○ (4月8日)
・ 「複合危機としてのユーロ危機」

元中京大学教授  入江 恭平氏

・ 「長期保有を優遇する議決権行使 tenure voting」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  福本  葵氏

平成30年度における研究会の開催状況は次のとおりである。

○ (3月23日)
・ 「都道府県別の人口構成、資産構成における株式の割合などを観察する(1999年〜2014年)」

合同会社長目 代表  小川 英幸氏

・ 「不動産クラウドファンディングの現状と可能性」

桃山学院大学教授・当研究所客員研究員  松尾 順介氏

○ (3月11日)
・ 「「金融化」論に対する評価」

大阪市立大学准教授  神野光指郎氏

・ 「オーストラリアにおける株式HFTの実情—ASIC REP597にもとづく分析結果—」

当研究所客員研究員  吉川 真裕氏

○ (2月11日)
・ 「東南アジアにおけるGCMSの運用課題は解決できるのか?」

大阪ガスファイナンス社長  福嶋幸太郎氏

・ 「白川方明『中央銀行』を読む」

久留米大学教授・当研究所客員研究員  伊豆  久氏

○ (1月26日)
・ 「地域銀行から見た地域金融の現状」

西南学院大学教授  西田 顕生氏

・ 「ティックサイズ拡大の効果」

福井県立大学准教授・当研究所客員研究員  清水 葉子氏

○ (1月7日)
・ 「昭和40年代の証券市場と国会審議録」

当研究所主任研究員  二上季代司氏

・ 「米国で拡大するリスク・パリティ戦略とETF」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  志馬 祥紀氏

○ (12月22日)
・ 「「PROFITING WITHOUT PRODUCING」について」

大阪経済大学教授・当研究所客員研究員  斉藤 美彦氏

・ 「日米のベンチャーキャピタルの現状—CVCの動向を中心として—」

桃山学院大学教授・当研究所客員研究員  松尾 順介氏

○ (12月10日)
・ 「戦前の銀行はオーバーローンだったか—預金銀行・発券銀行・合本銀行」

法政大学名誉教授  靎見 誠良氏

・ 「米国債券流通市場の動向」

京都産業大学教授・当研究所客員研究員  横山 史生氏

○ (11月24日)
・ 「拙著『日米地域銀行の存続と再編』の概要と昨今の地銀情勢にかかる含意」

中京大学教授  由里 宗之氏

・ 「中小証券会社の時系列的分析—リテール3類型を中心に—」

当研究所主任研究員  二上季代司氏

○ (11月12日)
・ 「ペリオディック・オークション—MiFIDⅡが生み出した取引形態—」

当研究所客員研究員  吉川 真裕氏

・ 「銀行の資産構成状況—異次元緩和後の貸出・有価証券・不動産投資—」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  志馬 祥紀氏

○ (10月27日)
・ 「フェア・ディスクロージャー・ルールの検討」

甲南大学教授  梅本 剛正氏

・ 「株主コミュニティ制度の再検討 —日証協の検討状況—」

桃山学院大学教授・当研究所客員研究員  松尾 順介氏

○ (9月22日)
・ 「FRBの正常化過程について」

久留米大学教授・当研究所客員研究員  伊豆  久氏

・ 「アメリカのメイカー・テイカー手数料について」

福井県立大学准教授・当研究所客員研究員  清水 葉子氏

○ (9月10日)
・ 「日本証券史資料『昭和続編』2巻について」

当研究所主任研究員  二上季代司氏

・ 「欧州ダーク・プール規制の影響 —リット、ダーク、OTC、SI—」

当研究所客員研究員  吉川 真裕氏

○ (8月25日)
・ 「地方証券のビジネスの変遷」

駒澤大学准教授・当研究所特任研究員  深見 泰孝氏

・ 「日本銀行・都市銀行の国債保有状況」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  志馬 祥紀氏

○ (7月21日)
・ 「中央銀行と株式の買入れ」

広島修道大学名誉教授  守山 昭男氏

・ 「金融模合の事例調査 —沖縄本島と宮古の事例—」

桃山学院大学教授・当研究所客員研究員  松尾 順介氏

○ (7月9日)
・ 「Hello Blockchain」

合同会社長目代表  小川 英幸氏

・ 「ブロックチェーンとビットコイン」

京都大学学術情報メディアセンター研究員  石野 隼伍氏

・ 「中央銀行の損益計算と剰余金〜日銀とFRBの場合」

久留米大学教授・当研究所客員研究員  伊豆  久氏

○ (6月23日)
・ 「企業の資金調達におけるTarget Issue Program(TIP)の増加背景と課題」

和歌山大学准教授  簗田  優氏

・ 「ダーク・プールとダークな流動性」

福井県立大学准教授・当研究所客員研究員  清水 葉子氏

○ (6月11日)
・ 「日本におけるダーク・プールの実態分析」

東京証券取引所 株式部 株式総務課長  大墳 剛士氏

・ 「デリバティブ市場の発展に貢献した偉人たち」

当研究所主任研究員  二上季代司氏

○ (5月26日)
・ 「中小企業金融としての沖縄「模合」 —沖縄本島中部のケーススタディを中心に—」

桃山学院大学教授・当研究所客員研究員  松尾 順介氏

・ 「ヨーロッパにおけるダーク・プール取引量規制の影響 —CBOEデータに基づく分析—」

当研究所客員研究員  吉川 真裕氏

○ (5月14日)
・ 「量的緩和政策の日米欧比較」

久留米大学教授・当研究所客員研究員  伊豆  久氏

・ 「上場企業を対象とするMBOにおけるプレミアムの決定要因」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  志馬 祥紀氏

○ (4月28日)
・ 「負債構成、ロールオーバー・リスクが株主還元策に及ぼす影響」

桃山学院大学講師  齋藤 巡友氏

・ 「Spotifyの行ったDirect Listing」

帝塚山大学教授・当研究所客員研究員  福本  葵氏

○ (4月9日)
・ 「地方証券会社について」

当研究所主任研究員  二上季代司氏

・ 「拡大する国内株式投資型クラウドファンディング」

桃山学院大学教授・当研究所客員研究員  松尾 順介氏