1. TOP
  2. 出版物・研究成果等
  3. 単行本
  4. 経済一般書
  5. 日本の金融持株会社

経済一般書

日本の金融持株会社

金融持株会社研究会編
ISBN4-89032-031-8
2001年3月発行
A5判 170頁
本体(税別)2,000円 購入

経済・金融のグローバル化の流れの中で、1990年代の金融システム動揺に関連して、金融市場で生き延びていく途の1つとして、金融持株会社の仕組みを選択する金融機関が増えている。しかし、わが国の金融持株会社制度は、アメリカに比べればまだまだ緒についたばかりで、今後どのように発展していくか未知数である。本書は、わが国では初めての金融持株会社に関する多角的な研究書で、法学、経済学、経営学の観点から多面的な分析を行っている。

目次

  • 第1章 金融持株会社と金融再編成
    高木仁明治大学教授 佐賀卓雄当研究所主任研究員
  • 第2章 金融持株会社と銀行業の変貌
    磯谷玲宇都宮大学助教授・当研究所兼任研究員
  • 第3章 銀行の証券業参入と利益相反―組織形態の観点から―
    小西大一橋大学助教授
  • 第4章 金融持株会社に対する競争政策―日米比較による検討―
    滝川敏明富山大学教授
  • 第5章 金融持株会社の創設と子会社破綻時の責任
    川口恭弘同志社大学教授
  • 第6章 金融持株会社の統治構造
    出見世信之埼玉大学助教授