トップ  >>  講演会 >> 講演会開催予定

講演会

講演会開催予定

 日本証券経済研究所では、現在、以下の講演会への参加を受け付けています。参加費(1000円(税込))をお支払いいただければ、講演会員や証券会社・資産運用会社にお勤めの方以外の一般の方々にもこれらの講演会にご参加いただけます。講演会員の方は、こちらから申込みせずに、送付されたご案内に従って、また、証券会社・資産運用会社にお勤めの方は、勤務先に送付されたご案内に従って(又は、当研究所にメール(kouenkai_renraku@jsri.or.jp)にてお問合せいただくことで)、お申込下さい。
 ご関心のある方は、「参加申込み」のページにお進みいただき、「講演会への参加に関する注意事項」に同意していただいた上、参加申込みと参加費支払いの手続きを行って下さい。参加費の入金を確認した後、研究所より『講演会受講票』を送信しますので、講演会場にご持参下さい。
 なお、ホームページを通じた参加申込みの受付けは、講演会の開催期日の一週間前までとし、定員に達した場合は、その前でも受付けを休止することがありますのでご了承下さい。
 今後の講演会の開催予定を、このページの下段に掲載していますのでご参照下さい。

講演会員の募集も行っております。詳しくは講演会員募集をご覧ください。

参加受付中の講演会

コーポレートガバナンス・コードの改訂などについて
開催日:2018年6月4日
講師:古澤知之氏(金融庁総務企画局審議官)
 今回の「資本市場を考える会」では、金融庁総務企画局審議官の古澤知之氏をお招きし、「コーポレートガバナンス・コードの改訂などについて」と題してお話を伺います。
 講師の古澤氏は、昭和61年に大蔵省(現財務省)に入省され、平成18年に金融庁に出向された後、総務企画局企業開示課長、市場課長、政策課長、監督局審議官などを経て、現在は総務企画局審議官を務めておられます。
 今回の講演では、コーポレートガバナンス・コードの改訂の他、企業会計・ディスクロージャー、企業監査など、資本市場を巡る金融行政の諸課題についてお話を伺えるものと存じます。
 長く金融行政の第一線で活躍されている講師のお立場から、担当されている行政について、直接お話を伺うことは大変意義深いことと存じます。多くの皆様にご参加いただきますようご案内申し上げます。
参加申込み

トランプ時代の米国金融規制—マクロプルーデンスを巡る動向—
開催日:2018年6月15日
講師:若園智明氏(当研究所主任研究員)
 今回の「資本市場を考える会」では、当研究所主任研究員の若園智明氏から、「トランプ時代の米国金融規制—マクロプルーデンスを巡る動向—」と題して報告させていただきます。
 2008年の金融危機後、アメリカでは、金融を包括的に規制するドッド・フランク法が制定されました。しかし、同法には十分な議論を経ないで制定された複数の条項が含まれており、改めて、金融危機後に導入された金融規制全体の再評価が求められております。
 講師の若園氏は、アメリカの金融規制体系の変遷と特徴に関する整理・分析をテーマとして研究を行っております。今回の講演では、同法によって導入されたマクロプルーデンス関連規制に焦点を合わせ、トランプ政権誕生後の行政府(大統領府及び連邦監督機関)と連邦議会における同規制を巡る議論を整理して報告致します。
 この分野に興味を持っておられる皆様方のご関心に沿える内容になると存じますので、是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。
参加申込み

 

今後の開催予定

下記講演会の募集は開催日一ヶ月前からの開始を予定しております。
開催日:2018年7月9日
講師:関雄太氏(野村資本市場研究所執行役員)

開催日:2018年7月19日
講師:嶋中雄二氏(三菱UFJモルガン・スタンレー証券参与 景気循環研究所長)

開催日:2018年9月4日
講師:沼田優子氏(明治大学国際日本学部特任教授)

開催日:2018年9月27日
講師:松岡真宏氏(フロンティア・マネジメント代表取締役)